新元号は「令和(れいわ)」

今日から4月が始まりました。平成最後となる月なんですね、しみじみ・・・
5月1日からは新天皇ご即位と共に元号も「令和」と改められます。

今朝は新元号の発表をTVの前で今か今かと、期待で胸を膨らませながら見守っておりました。


画像



これは、万葉集にある「初春の令月にして 気淑(よ)く風和(やわら)ぎ 梅は鏡前(きょうぜん)の粉を披(ひら)き 蘭は珮後(はいご)の香(かう)を薫(かをら)す」との文言から引用したものであります。

そして、この「令和」には、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ、という意味が込められております。

万葉集は、千二百年余り前に編纂された日本最古の歌集であるとともに、天皇や皇族、貴族だけでなく、防人や農民まで、幅広い階層の人々が詠んだ歌が収められ、我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書であります。


悠久の歴史と薫り高き文化、四季折々の美しい自然。こうした日本の国柄を、しっかりと次の時代へと引き継いでいく。
厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人ひとりの日本人が、明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。そうした日本でありたい、との願いを込め、「令和」に決定いたしました。
文化を育み、自然の美しさを愛でることができる平和の日々に、心からの感謝の念を抱きながら、希望に満ち溢れた新しい時代を、国民の皆様と共に切り拓いていく。新元号の決定にあたり、その決意を新たにしております。





と、言うことだそうです。


これは天平二年の正月に、大宰府の大伴旅人の邸宅で開かれた新年の宴で、出席していた三十二人の客がそれぞれ梅を詠んだ歌の一つだそうです。


当時の人々がどのような思いで梅の花を眺めたのか感慨深いです。
どれほど春の訪れを待ちわびたことか。
希望に満ちた素晴らしい元号だと思います。



chururuの初めてのIL DIVOのコンサートは梅の花が満開の城ホールでした。

画像

画像




昨日3月31日はスターズ・オン・アイスを観戦してまいりました。
先日世界フィギュアに出場していた選手がほとんど出てくれていました。
残念ながら羽生結弦くんは欠席でしたが・・・

現役バリバリの選手たちの演技は完成度も高く、とても見応えがありました
昌磨くんとネイサン・チェンの4回転は凄い迫力で思わず「おおお!!」と、叫んでしまいました。


しかし・・・本当の目的は生ステファンでゴザイマス

立っているだけで絵になる佇まい。ただただ、ウットリ
幸せなひと時をありがとう~~~


その時のTV中継がUpされていました。動画お借りいたします。






大阪を楽しんでくれたかな?
画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

lala
2019年04月02日 12:01
清く正しく美しい💝生ステファン~まだ頭の中ではっきりと彼が✨ 現役メダリスト達のスピードある滑りや宮原さんの涙が溢れそうな深い世界、遠い門真まで行ったかいがありましたね😃chururu さんは大阪城ホールが初陣だったんですね🎶🎉私は建て替え前のフェスティバルホール2階バルコニー席でした。ちょうどウルス登場が見切れてしまうい違った意味の?悲鳴をあげてしまいました💨
chururu
2019年04月02日 16:20
lalaさん

私達のお席は選手登場口とは反対側で
ステファンの登場をそちらばかり気にしてたら
サプライズでこちら側の眼の前にそびえ立っていてキャア!でしたね。
練習を重ねて来て、一番完成度の高い状態の演技が見られて贅沢なひと時でした。
宮原さんの演技は自然と涙込み上げましたよね~~
客席の自然発生的なスタオベ、感動的でした。

lalaさんの長い長いDIVA人生、あんなこと、こんなこと、又語り合いましょうね