UKでは本日アルバム発売!

 と思われた方もいらっしゃるのでは?
私たちは既に手元にありますものね~ 申し訳ないような・・・・

海外のファンにとってはクリスマスプレゼントのようなアルバムでしょうね


彼らからのお知らせですね



そして、今夜pm. 7:30 GMTよりチャットをするようですね。日本だと明け方?

http://www.ustream.tv/recorded/33976079


これは、オランダのTV放送でしょうか?
なんなの?!この司会のおじさん!Ursさまになんちゅうことを
オランダ語が話せるUrsをいいことに、どさくさに紛れて、んもう(  ̄っ ̄)ムゥ


画像



今日のクリスマスソングはサラ・ブライトマンさんが歌う「War is Over」ジョン・レノンさんの曲ですね。
彼女の天から降り注ぐような歌声にはこのアダム・リッポンくんの天使の舞がピッタリ
世界の平和を祈って・・・



Sさんからいただいた2009年のクリスマスコンサートを再生リストにまとめました。



この記事へのコメント

2013年12月03日 16:17
美形好きのchururuさん。
麗しの美少年アダム・リッポンくん登場。
この頃の彼は少年の一時しかない儚さ、危うさが
あふれていました。今は立派な成年になりましたね。
今後どのように磨きがかかるか楽しみです。

今月に入り、一気にクリスマスムードになってきました。
素敵な教会とかホールとかでIL DIVOのクリスマスソング
聞きたいですねえ。
chururu
2013年12月03日 16:43
 雲さん

リッポンくん、3年連続ジュニアワールドチャンピオンだったんですよね。
かれは4回転跳べないのかな~ちょっと肩幅もごっつくなっちゃってちょっと残念です。
ステファンも腕に筋肉がつかないように努力してるそうです。Ursは失格ね
最近は町田くんがいい味出してくれてますが、視覚的にウ~ン(´・_・`)
繊細で儚くて危うい感じ大好物です!!!
だからUrsの危うい音程も大好物?なんちゃって(*´∀`*)

せっかくのフェスティバルホール、マイク無しで聴きたいです。
絶対Ursの声は美しく通るはず。エコーかけすぎないようにお願いしたいわ~
2013年12月03日 17:53
chururuさん 再びお邪魔します。
リッポンくんはルッツの方が得意のようで
今、ルッツとトーループの2種類の4回転を
プログラムに組み込んでいますが、試合での
成功率がまだ低いようです。
私は個人的には得に4回転にこだわりはなく
(競技では高スコアを取るために必須ですが)
やはりフィギュアは音楽との融合で美しくなければ
だめでしょと思っています。

彼らの歌はやはりいい音響設備が整ったホールで
聞きたいですよね。私は専門的なことは全く分からない
のですが、Ursの声って透明感がありまっすぐ通る声のよう
に思います。教会で近くでお顔を拝見しながら賛美歌とか
クリスマスソングを生声で聞いたら、私も(実は私は
Davidファンで美形好きでもない)気を失うかも・・・
chururu
2013年12月03日 20:26
雲さん

>私は個人的には得に4回転にこだわりはなく

同感です。
フィギュアって芸術?スポーツ?
ステファンもそれで悩んだみたいですね。
芸術に点数なんて付けられませんもの。
ジャンプなんて跳ばなくても引き込まれる演技ってありますものね~

私も合唱をしておりますので人間の声帯の不思議を実感しております。
小さな声なのに遠くまで届く声ってあるんですよね~
「声帯のしまり具合」と「息の通り具合」の黄金バランス。
これが秘訣なのだそうですが、美声の方が羨ましいです。
黄金バランスのUrsの声と共に昇天したいです。
虫美
2013年12月03日 22:09
>私は個人的には得に4回転にこだわりはなく

私は今の世代より1-2世代前のフィギアをよく見ていたのですが(本田君が頑張ってました。彼が16-18くらいのとき)あの時は4回転、飛んだもんがちみたいな特典のつけかたですごく嫌でした。今の方が採点方式が全然良いと思います。本当にジャンプ一筋でなんなんだろうという感じでしたね。アメリカの選手が強かったから彼らがそういう感じのスケーターだったからそうなってしまったのかなとも思いました。その頃のロシア男子のスケーターが大好きでした。そう、ヤグディンが頑張ってましたね。プルシェンコも。かれも得点だけ意識した様なプログラムになっちゃってて本当はもっと面白い事ができるスケーターなのにもったいないなぁと思っておりました。

昔の採点方式だったら真央ちゃん敵無しだったでしょう。
これも運ですね。スケーターが可哀想。採点方式結構変えるし採点の基準もころころ変えるから。

でも最近は見せるタイプのスケーターが増えて面白いです。ステファンしかり、他のスケーターしかり。ステファン以外でもイケメンスケーターいっぱいいましたね。
この前のオリンピック見ると4回転無しでも金メダル取ってたと思うんですけどまた変わっちゃったんでしょうか。

私はジャンプばっかりこだわんなくても、そんな器械体操じゃないんだからと思ってしまいます。昔アレクサンダー・アブトというロシアの可愛いスケーターがいたのですが彼は4回転の成功率はそんなに高くなかったのですがすごく素敵なスケーターでした。ダンサーみたいで。

話は変わりますがあのドイツの器械体操のハーフの男の子可愛いですね。
虫美
2013年12月03日 22:49
>だからUrsの危うい音程も大好物?なんちゃって(*´∀`*)

音程だけじゃなくてする事全て危うそうですね。言う事といいやることといい。
オペラみたいな「俺様俺様」って感じじゃなくオラトリアムみたいな複数の人達が舞台に立ってみんながみんなで一つになったものの方が彼の声に合ってる様な気がします。声きれいだし。Divoみたいな感じの活動が彼には合ってると思います。
あぁ、彼のL'Elisir d'Amoreを全部聞いてみたい。

昨日実はUrsが夢に出て来たんです。私と母が飛行機に乗ったんですけどハムスターに餌をあげわすれ家に戻らなくちゃいけなくなってタクシーに乗ってしばらくしたら聞き覚えのある声と癖のある英語が聞こえて来たので振り向くと母の隣に彼が座ってたのです。でもやはり夢っておかしい物で彼のスーツ、髪の毛は見えるんですけど母に遮られ顔が全然見えない(鼻だけ見えた)。げーっ、なんでUrsいつ乗り込んだんだよ、タクシーに!!とか思ってたら全く英語のできない私の母とずーっと楽しそうにしゃべってて。それで私の左となりに気配を感じたので見るとアフガンから帰還してくるアメリカ兵がフル装備で座っておりました。「このタクシーどんだけでかいんだよ!!」と思った所で目が覚めました。

脳みそくさってますね。私。
chururu
2013年12月03日 23:30
 虫美さん

フィギュアの得点法は常に賛否両論ありますね。
我が家でもいつももめております←何の影響力もありませんから!
マイダーはジャンプしか評価いたしません。

>この前のオリンピック見ると4回転無しでも金メダル取ってたと思うんですけどまた変わっちゃったんでしょうか。

そうでしたね。アメリカの電柱みたいな選手・・・え~と・・・
今は4回転必須かな?
そう言えば、ステファンは4回転よりトリプルアクセルに苦労してたな~
実は私は男子フィギュアはステファンを知るまではキモイ!と思っておりました。
衣装もなんだかな~だし、バレエも・・ちょっと・・・でした。
今は美しいと感じるようになりましたが。

>あぁ、彼のL'Elisir d'Amoreを全部聞いてみたい。

ドニゼッティの「愛の妙薬」どこかに録音ないのかしらね~
何とも不思議な夢のお話、こちらも頭が???になりましたよ!
私のところへはなかなか来てくれませんわ。

2013年12月04日 09:21
私はDIVOファンですがスケートファンでもあるので
たびたびお邪魔します。

>フィギュアの得点法
競技スポーツである以上難易度は必要要素でしょう。
ただし、フィギュアの面倒なところは魅せる競技で
あり、主観が入る採点競技であるというところ。
技術と芸術性のせめぎあいだと思います。
私は演技を見てぐっと来るか来ないかです。
ぐっと来る演技には当然技術が必要で、プラス
芸術性も備えている訳ですから。まあ、最後は
好みの問題になってしまう。

ヤグディンのプログラムは名作ぞろいでした。
私はchururuさんと同じランビエールのファンです。
あの頃、トリノ世代の選手は彼を始め、プル、バトル、
アボット、ウィアー、ジュベール、高橋大輔と皆それぞれ
違っていて華やかで楽しかったです。

最近は効率的に点数を取るみたいな傾向が強く
プログラムの完成度や独自性が失われたようで
残念です。

話はDIVOに戻って、まだ彼らは夢の中に出て
来ません。私にとっては彼らは現実の世界でも
夢の国の方々ですから。
chururu
2013年12月04日 09:59
 雲さん

私は好みがステファンに偏っていて
フィギュアを語る資格はございませんが、
実際、スケート靴を履いて立つことさえ出来ない私です(//∇//)

>プログラムの完成度や独自性が失われたようで
残念です。

同感です。何度かアイスショーを観に参りましたが、
トリノ時代の選手が出てくると会場の雰囲気が一転いたしますね。
それだけ個性的で存在感が強い。ということですね。

それと、会場で観たとき、鈴木明子さんの演技に引き込まれました。
TVで観るより感動的でした。
ステファンはリンクではとても大きく見えました。
ゆったりと大きな演技なので質感が違うといいますか、これもTVとは印象が違いましたわ。ステップを細かく踏みながら上半身はゆったりと演技するのって凄いことなんだろうな~って素人目にも感じました。白鳥みたいですね。

いつもお叱りを覚悟でDIVOとステファンのコラボ動画を作っておりますが、
彼のゆったりと豊かな表現力が本当によく合うんです。
私の至福の時なんです~~~

この記事へのトラックバック