Sebの奥様Reneeさんのお誕生日

12月13日はSebの奥様Reneeさんのお誕生日でした。
おめでとうございます

お幸せそうなお写真がSebのTwitterにUpされていました

ちょっと飾り付きで。
画像



ヨーロッパのプロモツアーも無事終わり、今頃はそれぞれのクリスマス休暇なのでしょうか?

彼らがいっぱいお仕事してくれることは私たちにとっては嬉しいことなのですが、
ご家族、特に子供たちは淋しい思いをしてるんだろうな~と、胸が痛みます。

Ursさまはクリスマスを誰と? プライベートは気にしない気にしない、と思いつつも気になるのが人情でございます。


で、できたのがこの「Bring him home Santa」



Dear Santa, I need to change my Christmas list
There's one big thing I missed
You see my Daddy's working for away from here
And I know Santa, I asked for a Barbie doll
And a brand new soccer ball
But I'd trade it all, for just one gift this year...

Bring him home Santa, bring him home to mom and me
Let us wake up Christmas morning, and find him standing by our tree
You can pick him up on your way, he could ride there in your sleigh
Don't make him spend Christmas all alone
Bring him home


この記事へのコメント

虫美
2013年12月15日 00:16
うわぁー
こんな歌聞いちゃった日にゃSeb号泣しそうですね。

この前のチャットでクリスマスを自分の子供と過ごさなかった様な事
Ursは何気にいってたなぁ。すんごい余計なお世話ですが今年はビリーちゃんに会ってるといいな。

Reneeさんまだ若いんですね。結構早く結婚したんだなぁ。
可愛い写真!きれいな人ですね。遠いツアーから戻って来て
奥さんがこんな感じでキスしてくれて幸せそう。
chururu
2013年12月15日 01:05
虫美さん

ビリーちゃん、可愛い盛りでしょうね。
「Bring him home Santa」
確かにSeb、こんなん聴いたら号泣かも・・・
ブレネリ
2013年12月15日 01:43
もう一行一行、泣ける歌詞ですね。この歌・・・。
健気に明るく歌う子供の声がさらに悲しみを誘います。特にmom and meのとこ~
(chururuさん、よく探して来られますね!選曲。)
セブは立派なパパだからいいけど、私はU様にこの曲を聴いて泣いてほしい…。

フランス公演は、最初のワールドツアーではあったと思います。
フランスはオペラ座もあり耳の肥えたクラシックファンが根強いし、またポップスも盛ん。中間のクラシッククロスオーバーの需要が今一つだとか、聞いたことがあります。それに今の会場は体育館的アリーナが中心だから?とも思ったり。
セブもフランス語の歌がなかなか採用されない事も以前、嘆いてましたが…。

虫美
2013年12月15日 13:30
ルネーとSebの写真の横を何気にみたら、これテディーの熊じゃないですか!!
純粋な子供の心を代表するテディーベアではなくR指定の映画「テディー」に出てくるオヤヂ熊。
さすがchururuさん、細部までお見事です。

天才です。

そぉかぁー。フランスは需要が今ひとつなんだ。
なんかそういうの人気あるんじゃないかと思ってたんですけど。
アメリカで人気がある程度あるくらいだから。

そういえばフランス語の曲ってたしか一曲か2曲でしたっけ。
ロシアとかすんごい人気ありそうですね。だから色々回るのかな。
アジアは日本(かなり細かく回りますね)、韓国、台湾、マレーシアあたりかな。
シンガポールとか中国は行くのかな。アジアっていっても結構距離があって飛行機で移動になるから大変ですね。

彼らが少しでも家族/愛する人達といる時間ができますように。
chururu
2013年12月15日 16:52
ブレネリさん

胸のあたりが熱~くなりますよね(;_;)
ブレネリさんご推察の通り、正直言うと、これはSebのためというよりUさまに向けて作りました。
これを観たUさまがたまらなくなってビリーちゃんの元へ会いに行ってくれるといいな~・・ナンテ・・(/ω\*) ビリーちゃんのパパはUさましかいないんだもの。父親の心は失わないでもらいたいですものね~

chururu
2013年12月15日 17:01
 虫美さん

テデイを見破った虫美さん、恐るべし!
手を合わせて祈るおやじテディがいじらしくて。。
どこかで笑いを取ろうとする悲しいサガです。

フランス・・・大人の事情があるのかしら?
プライドの高いお国柄だそうですし、フランス語の曲少ないもんね。
虫美
2013年12月16日 00:17
>手を合わせて祈るおやじテディがいじらしくて。。

こんな熊がビリーちゃんの横でUrsが帰ってくるの祈ってたら
恐ろしくなって帰ってくるんじゃないんでしょうか。

今年はイギリスでちょっとは会ってくるんじゃないかな。
chururu
2013年12月16日 13:15
虫美さん

テディ;ビリー、僕とお友達になろう(ΦωΦ)フフ・・ 

Urs ;テディ!お前、俺の娘に触るな~~!

で、跳んで帰る? 

この記事へのトラックバック